日本動物行動学会は1982年に、日高敏隆京都大学理学部教授(当時)を初代会長として設立されました。ノーベル賞を受賞したローレンツやティンバーゲンが発展させたエソロジーの伝統を踏まえつつ、行動生態学、生理学、動物社会学、心理学、遺伝学、進化学、数理生物学など、動物の行動に関するあらゆる分野に開かれた学会です。対象となる「動物」も、虫、鳥、魚や、ヒトを含む哺乳類はもちろんのこと、パソコンにすむ人工生命まで含まれます。  学会大会を年1回開催しています。工夫をこらしたポスター発表を中心に、口頭発表、ビデオ発表、ラウンドテーブル、シンポジウムなどで、活発な討論が繰り広げられています。学会誌(英文学術雑誌)として、『Journal of Ethology』を年3回発行しています。この学会誌は2000年からはSpringer-Verlag社から出版されることになりましたが、編集はこれまで通り学会の編集委員会が行ないます。このほか、会員への通信として『Mailnews』を随時発行しています。  世界のトップレベルの研究を推進していますが、若い会員が多く、動物の行動に興味のある方なら誰でも楽しめる、格式張らない学会です。

学会誌Journal of Ethologyはエディターズチョイス論文の紹介ビデオを作っています。

NEWS

2024年度動物行動学会賞・日高賞公募のお知らせ

2024年度動物行動学会賞・日高賞の公募がはじまりました(締め切り7/1)。ふるって御応募ください。応募書類の書式ファイルは以下からダウンロードしてください。【行動学会賞】【日高賞】

2025年「平成記念研究助成」募集開始について

公益財団法人 国際科学技術財団では若い研究者の従来枠にとらわれない挑戦、新しい展開・発展での研究を奨励し、その支援を行っています。
本年度の研究助成は、「社会的課題の解決に資するための知識統合・連携型研究」を文系、理系を問わず、広く募集します。
(1件500万円~1000万円程度4~8件程度)

詳細につきましては以下のサイトをご覧ください。
https://www.japanprize.jp/subsidy_yoko.html

福岡大学理学部地球圏科学科生物科学分野教員公募について

福岡大学理学部地球圏科学科では生物科学分野の専任教員2名(行動生物学、生態学)を公募しております。詳しくは以下のサイトをご覧ください。
https://www.sci.fukuoka-u.ac.jp/earth/koubo.html

JREC-IN
行動生物学 https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D124051123
生態学 https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?id=D124051193

福岡大学理学部地球圏科学科 藍 浩之

日本動物行動学会第43回大会のお知らせ

日本動物行動学会第43回大会は、2024年11月2日(土)~4日(月・振替休日)の日程で、帝京科学大学東京西キャンパス(山梨県上野原市)で開催します。皆さんの参加をお待ちしています。

大会実行委員長 藪田慎司

会員による、Journal of Ehologyへのアクセス方法について

アクセス方法は以下のとおりです。
(1)毎年、会費納入を確認後、学会から会員のメールアドレスに電子ジャーナルのアクセス方法の案内が送られています。個人情報の関係上、毎年、アクセス方法のご案内を送りますので更新してください。

(2) 案内を紛失してしまった場合には以下にお問い合わせ下さい。
問い合わせ先
(株)土倉事務所内 日本動物行動学会 会員管理担当
(aei04761(at mark)nifty.com、(at mark)を@に置き換えてください)宛に問い合わせて下さい。

MailNewsメールアドレス登録のお願い

動物行動学会の会員向けメールマガジンであるMailNewsを受け取られていない会員はメールアドレスを登録してくださるようお願いします。

メールアドレス登録方法

タイトルを動物行動学会会員メールアドレス登録とし、氏名とメールアドレスを本文に記したメールを、(株)土倉事務所内 日本動物行動学会 会員管理担当(aei04761(at mark)nifty.com、(at mark)を@に置き換えてください)宛に送付してください。
メールアドレスを変更する際も同様です。



報道関係・企業の方のご質問、お問い合わせは広報委員会(PR(AT)ethology.jp)まで
その他の方のご意見・ご質問等、お問い合わせは事務局(office.of.jet(AT)gmail.com)まで